PS4/PS5コントローラーの動作確認に使えるiOSアプリ

ただいまサイトリニューアル中。記事内容が古かったり、おかしなところが一部あります。

PS4やPS5コントローラーの動作確認は、App Storeにある「GPchecker」のアプリで簡単に動作確認できます。GPcheckerの使い方とコントローラーの良否判定について説明していきます。

 

GPcheckerの使い方

step
1
GPcheckerのインストール

step
2
スマホやタブレットとコントローラーを接続する

step
3
GPcheckerを起動して動作確認をする

GPcheckerのインストール

まずはGPcheckerをApp storeから下記リンクからダウンロードしましょう。

GPcheckerをApp storeでインストールする

 

スマホやタブレットとコントローラーを接続する

Gpcheckerを起動する前に先にコントローラーと端末をBluetoothで接続しておきます。

アプリを起動する前に接続しておかないとアプリがコントローラーを認識しません。もし先にGPcheckerを起動した場合は、アプリの再起動を行うことでコントローラーを認識してくれます。

ペアリング方法はこちらの記事を参考にしてください。

参考PS4コントローラーとスマホのペアリング方法

スマホやタブレットゲームでコントローラーを使いたい人や、コントローラーの動作の確認をしたい人向けにPS4/PS5コントローラーをBluetoothで接続する方法についてまとめました   スマ ...

続きを見る

 

GPcheckerを起動して動作確認をする

GPcheckerを起動すると下記のような画面になります。今回はDualshock4を動作確認するので上部にその記述があります。

もし「接続されてません」と表示される場合は、アプリの再起動もしくはコントローラーの接続をやり直してください。

コントローラーの名前が表示されていれば動作確認できる状態なので、確認したボタンやスティックを押しましょう。




コントローラーが故障しているときの症状

ボタンが壊れているときの症状例

  • ボタンを押しても反応しない
  • ボタンを押すと別のボタンが反応する
  • ボタンを押していないのに反応する
  • L2/R2が1.0近くの数値まで動かない

スティックが壊れているときの症状例

  • 上下左右に振り切っても-1.0もしくは1.0に近い数字にならない
  • スティックを倒しても反応が弱い
  • スティックを動かしたときにX/Yの数値が滑らかに動かない

L2/R2ボタンやスティックの数値は1.0に近い数値であれば正常です。0.950以上、スティックなら-0.950~0.950は欲しいです。

製造の段階である程度の誤差があり、新品のコントローラーでも1.0に届かないものもあります。

-修理